早漏治療の薬は効果がある?気になる治療薬の種類

経口タイプの早漏治療薬がよく使われています

一般的に早漏治療の薬と言えば経口タイプであり、脳の興奮を鎮めることによって射精までを遅らせます。ほとんどの早漏治療は薬物療法になることが多く、持続時間を3倍程度に延ばすことができます。今まで3分程度で射精していたのに、パートナーを喜ばせることができたというコメントがあるほどです。9分持続すれば女性はかなりの満足感を得られますし、妥協をしてくれる範囲でしょう。女性が満足するまでの時間は10分と言われますが、個人差がある部分でもあります。

昔は決定的な早漏治療の方法はなく、性行為の前に自慰をしておいたり、厚いコンドームを着用したりする方法が一般的でした。それからクリームタイプの薬が登場しましたが、性器がヒリヒリしたり感度が極端に鈍ったりする問題があったのです。経口薬が登場してから早漏治療は格段に進歩し、性器に違和感を覚えることもないので安心できます。経口薬に関しては先発医薬品のほかにジェネリックがあります。

早漏治療の薬の種類は実は少ない

早漏治療の薬は数多くあると思うかもしれませんが、薬と呼ばれるものは非常に限られています。感度を鈍くするクリームはありますが、医薬品には該当していなかったり、早漏治療用ではなかったりします。皮膚疾患の治療薬をペニスに塗布すると長持ちするようになるという話もありますが、そもそもペニスに塗布するべきものではありません。炎症・かゆみなどの肌荒れを招きかねないので、早漏治療専門のアイテム以外は使用しないようにしましょう。

男性ホルモンを配合した軟膏タイプの早漏治療薬は、持続時間を延ばすために役立ちます。早漏治療で使用される薬の種類は、経口タイプと軟膏タイプの二択になると考えてください。経口タイプは過敏性の早漏にも効果的ですし、勃起不全による早漏も解消できます。若くて早漏に悩んでいる若い方はもちろん、加齢性の早漏にも効果を発揮してくれます。注意したいのは極端に快感が低下してしまう種類の薬は避けることです。

まとめ

早漏治療の薬を使えば持続時間を延ばし、自分とパートナーの満足度を高められます。治療薬の種類は経口薬と軟膏薬に分類されており、最近は経口タイプがよく使用されています。極端に感度を低下させるものだと、性行為の楽しみが半減してしまうので注意してください。経口タイプの薬は持続時間を3倍程度の引き延ばせるので、パートナーの満足度は格段に上がるでしょう。性行為を成功させる秘訣は、パートナーをいかに満足させるか考えることです。